カナダで流行りのヘルシーフードが楽しめるカフェ「Seed N Salt(シード・ン・ソルト)」が新店舗をバンフにオープン!

バンフのダウンタウンに Seed N Salt(シード・ン・ソルト)が今年6月にオープンしました。コーヒーなどのドリンクはもちろん、カナダで流行りのヘルシーフードを楽しむことのできるお店です。

FACEBOOK/ SEED N SALT


「Seed N salt(シード・ン・ソルト)」ってどんなお店?

「ライフスタイルは熱心に食べることで健康になる」ということをコンセプトに2017年にカルガリーにオープンしたSeed N Salt(シード・ン・ソルト)。そして、今年、2020年二号店としてバンフの街にオープンしました。メニューはどれを見ても野菜たっぷりで見るからに健康になれそうなものばかりです。また、ローカルの食材を使うことによってローカル農家をサポートし、契約農家から手配することによって信頼関係を築いています。地産地消・医食同源を大事にしているそんなお店です。


どこにあるの?

カルガリーに1店舗とバンフに1店舗あります。
バンフ店はダウンタウンのCalibou ST(カリブー・ストリート)の路面店としてあります。スターバックスの並びになります。店内はガラス張りでとても明るく広いです。テイクアウトももちろん出来ますが店内で召し上がることもできます。

住所:202 Caribou St Unit Box 70, Banff, AB T1L 1A2 [地図]


メニュー

(トースト)、 (サラダ)、GRAIN (穀物メニュー)、 (季節のメニュー)、 (スモールバイト)、 (カスタム)、 (スムージーボール)、 (スムージー)、 (ホットドリンク)、基本的にはどれも野菜てんこ盛りのメニューです。

▶︎ホームページ
▶︎公式インスタグラム

バンフ アワード2020が決定!ローカルが選ぶバンフのお店10選を発表!

バンフでお店を選ぶのなら、ローカルのお勧めに行きたいですか?
先月、バンフのローカル新聞社のRocky Mountain Outlookはバンフの街で各部門に分けた2020年のベスト・オブ・ザ・バンフ アワードの投票開催しました。
その部門はベスト・朝食、ランチ、ディナー、テイクアウト、景色、サービス、ワイン、バーガー、ピザ、ステーキ、お土産やさん、靴屋さん、レンタルショップなどなど・・・
対象はレストラン、カフェ、レンタル店、雑貨屋など、バンフの全てのビジネスとなります。この投票は2020/9/3~9/24まで開催していました。100を超える投票があったそうです(※バンフの人口は約8000人)
そして今年のベストアワード各部門in Banffの受賞店が決定。一部をご紹介します。
バンフの人々は一体どのお店を選んだのでしょう?

ベスト・テイクアウト「Ramen Arashi & Carlito’s 」

William Hudson of Ramen Arashi hands off a takeout order of its Japanese specialty meals. The restaurant tied for Banff’s Best Takeout in the Best of the Bow 2020. JORDAN SMALL RMO PHOTO

Ramen Arashi(ラーメン嵐)

2020年はパンデミックにより外食が難しくなり、たくさんの人々がテイクアウトをした年でした。その中でベスト・テイクアウトに選ばれたのはRamen Arashi(ラーメン嵐)Carlito’s (カリトス)
Ramen Arashiは 2018年にダウンタウンのSundance Mall(サンダンスモール)2階にオープンしたラーメンレストランです。
「ベスト・テイクアウト・アワードに選ばれてとても光栄に思います、私のボスはいつも最高の商品をプロとして提供するようにと言っています。きっとそれがこの賞に繋がったんだと思います。これをきっかけに、もっとたくさんの人たちにもRamen Arashiに来てもらいたいです。」とRamen Arashiのマネージャは話しています。
 ここの人気メニューはArashi Tanten Men(嵐タンタン麺)で、他にもたくさんの種類のラーメン、そしておつまみなどを味わうことができます。

▶︎Ramen Arashi(ラーメン嵐)
▶︎公式Instagram

Carlito’s (カリトス)

Carlito’sもベストテイクアウトアワードに選ばれたレストランです。ここは2007年にホテル Banff’ Inn(バンフイン)にオープンしたピザをメインとしたレストランです。ここではテイクアウトの他にもデリバリーサービスを行っていて、バンフのローカルに大人気のお店です。「投票してくれた全ての人たちに感謝します。また、売り上げから病院に$1000の募金をしました。それは私たちのコミュニティ・お客さんを守ってくれている感謝の印です。」
ここの人気メニューはもちろんピザ。Carlito’sではたくさんの種類のピザがあり、そしてたくさんの種類のトッピングができます。特に人気なのは「Carlito’s pizza」。このピザはチキン、アーティチョーク、野菜がたっぷりと乗ったボリューム満点のピザです。

▶︎Carlito’s Pizzara(カリトス・ピザ)
▶︎公式instagram


ベスト・ビューレストラン &サーブ「Juniper Bistro(ジュニパー・ビストロ)」

バンフで最高の景色を楽しめることのできるレストラン、ベスト・ビューアワードに選ばれたのはJuniper Bistro(ジュニパー・ビストロ)です。Juniper Bistroは ホテルJuniper Hotelにあるレストランです。ここはハイウェイ沿いにあるレストランで、バンフの街とはまた違ったマウンテンビューを楽しむことが出来ます。
「今年はいろいろなチャレンジすることになった年でした。ベスト・ビュー・アワードを受賞できたということは、今年たくさんのお客さんにこの景色を楽しんでいただけたということになるでしょう。サポートしてくれた全ての人たちに感謝します。」とコメントしています。

▶︎Juniper Bistro(ジュニパー・ビストロ)
▶︎公式Instagram


ベスト・ブレックファスト「Tooloulou’s(トゥルールー)」

ベスト・ブレックファス(朝ごはん)に選ばれたのはTooloulou’s Restaurant(トゥルールー・レストラン)。ここは2012年にCalibou Street(カリブーストリート)に路面店としてオープンしました。朝は7:30から営業をしているお店で、人気の理由の1つは豊富なメニューでしょう。エグベネディクト・オムレツ・ワッフル・パンケーキ・フレンチトーストなど、そしてトッピングもたくさんの種類があります。大人気店で並ばないと入れないこともしばしば・・・。

▶︎Tooloulou’s Restaurant(トゥールールー・レストラン)
▶︎公式Instagram


ベスト・パティオ「Rose & Crown Banff(ローズ&クラウン)」

ベスト・パティオ・アワードに選ばれたのはRose & Crown Banff(ローズ&クラウン)。パティオとは室内ではなく外にある席のことです。Rose&CrownはBanff Ave(バンフアベニュー)のダウンタウン2階にあるお店です。このパティオからの景色は絶景です。360°パノラマ景色でカナディアンロッキー の山々を一望できます。メニューはバーガー、サンドイッチ、ピザなどバライティ豊かです。このお店は他にベスト・フィッシュアンドチップス、ベスト・ダンスプレイス、ベスト・ライブミュージックにも選ばれています。ここは夜になると生ライブの聴けるミュージックバーになって夜遅くまで楽しむことのできるお店です。

▶︎Rose & Crown Banff(ローズアンドクラウン)
▶︎公式Instagram


ベスト・ランチ「Seed N Salt(シード・ン・ソルト)」

ベスト・ランチアワードに選ばれたのはSeed N Salt(シード・ン・ソルト)。ここは2017年にカルガリーにオープンしたローカルに大人気のお店で、今年の7月に2号店としてバンフのダウンタウンCalibou Street(カリブーストリート)にオープンしたばかりのお店です。ローカルの材料を使用しヘルシーで美味しい料理をすぐに提供するよう心がけています。メニューは丼ものやカレー、トーストなど野菜がたっぷりとトッピングされています。どれを食べても体に良さそうなメニューです。

▶︎Seed N Salt(シード・ン・ソルト)
▶︎公式Instagram 


ベスト・初デート場所「High Roller(ハイ・ローラー)」

Best Place to go first date=ベスト・初めてのデート場所に選ばれたのはHigh Roller(ハイ・ローラー)。ここはバンフのダウンタウン、バンフアベニューの地下にあるボウリング場。ボウリング場だけでなく、ビリヤードそしてニューヨークスタイルのピザ、48種類ものクラフトビール、種類豊富なカクテルが堪能できます。またイベントも多く、これはまさに初デートにはぴったりの場所です。

▶︎High Roller(ハイ・ローラー)
▶︎公式Instagram


ベスト・ディナー「1888 Chop House(チョップ・ハウス)」

ベスト・ディナーに選ばれたのは1888 Chop House(チョップ・ハウス)。1888 Chop HouseはFairmont  Banff Springs Hotel(バンフ・スプリングス・ホテル)の中にあるレストランの1つです。現在は水曜日から日曜日の午後6時から9時まで営業しています。このレストランもまたローカルの食材を使っていて、お肉は広大なアルバータの6つの契約農場で育てられたもの、卵、魚、野菜もそれぞれ契約農家から取り寄せた物です。ちなみにレストランの名前の1888とはFairmont Banff Springs Hotelができた年です。お越しの際はぜひご予約を。

▶︎1888 Chop House(チョップ・ハウス)
▶︎公式Instagram


ベスト・コーヒー「Whitebark Cafe(ホワイトバーク・カフェ)」

ベスト・コーヒーに選ばれたのはWhitebark Cafe(ホワイトバーク・カフェ)。ここはバンフアベニューにあるホテルBanff Aspen Lidge(アスペンロッジ)の1階部分にあるコーヒーショップです。店内はこじんまりしていて明るい雰囲気です。ここではMojo Coffeeというカナダ・バンクーバー生まれのコーヒー豆を使っています。また、紅茶はBanff Tea Companyでローカルのお店のものを使用しています。6:30-18:30まで営業していますので朝の一杯を飲みにいくのにぴったりです。また、手作りのフードもとても美味しいお店です。

▶︎Whitebark Cafe(ホワイトバーク・カフェ)
▶︎公式Instagram


ベスト・お土産屋さん「Branches Marketplace(ブレンチス・マーケット・プレイス)」

ベスト・ギフトショップに選ばれたのはBranches Marketplace(ブレンチス・マーケット・プレイス)。ここはバンフのダウンタウン、Cascade Shops(カスケードショップス)の1階部分にあるお店です。バンフの街にはたくさんのお土産屋さんがありますが一味違うお土産が欲しいのならここがおすすめです。このお店は様々なアーティストが作ったアクセサリー、家具、キャンドルなどなどたくさんの種類のお土産が売っています。お店は自然をコンセプトとしたデザインの商品を並べています。この自然に囲まれたカナディアンロッキーのお土産にぴったりなのではないでしょうか?

▶︎Branches Marketplace(ブレンチス・マーケット・プレイス)
▶︎公式Instagram

自然が生み出した絶景アイスバブルとは? 【アブラハム湖アイスバブル鑑賞ツアー】

アイスバブルをご存知でしょうか?
アイスバブルとは凍った湖に閉じ込められた気泡のことです。
カナダ・アルバータ州にあるアブラハム湖はそのアイスバブルの名所です。
凍った湖に閉じ込められた気泡、光に照らされたアイスバブルは宝石のような輝きを放ちます。
一度は見てみたい絶景です。

アブラハム湖 ってどこにあるの?

アブラハム湖(Abraham Lake)は、カナダ・アルバータ州の北サスカチュワン川沿いにある湖で、バンフの街からは車で2時間ちょっとかかります。州道93号線 (Ice fields parkway) を北に進み、州道11号線 (David Thompson Highway) をさらに進んだところにあります。アブラハム湖に行くまでは山道になるので、冬は道路の凍結など運転にはかなり気をつけた方が良いでしょう。また、州道93号線は電話が通じませんので事故に遭っても助けが呼びづらい場所です

アブラハムレイクは長さ32km、面積53.7km2もある巨大な湖です。この湖は1972年に Calgary Power Company (現TransAlta)という会社によって造らた人造湖です。「アブラハム」という名前は19世紀にこの谷に住んでいた先住民・ブラックフット族のサイラス・アブラハム Silas Abraham (1871-1961)からきています。


アイスバブル とは?

アイスバブル (Ice bubble)または、フローズンバブル (Frozen Bubble) と言います。なぜ、このような現象が起きるかというと湖に沈んでいる植物等から発生するメタンガスが冬に湖の表面で凍り、そして湖の凍結が表面から底にかけて凍る度に発生するメタンガス凍っていき、それが積み重なり何層にもなっているのです。


なぜ、 アブラハム湖 の アイスバブル が人気なのか?時期は?

「湖に沈んでいる植物等から発生するメタンガス」と聞くと、カナダの湖は冬になるとほとんど凍りますので、わざわざアブラハム湖に行かなくても、アイスバブルは見れるのでは?と思う方もいるでしょう。実際に他の湖でもアイスバブルが見ることが出来ます。では、アブラハム湖がアイスバブルを見るのになぜ有名かと言うとそれはこの場所に理由があります。

アブラハム湖はアルバータ州のフットヒルエリア( foothills : 山の麓 )にある湖で、この場所は年間洪水量、および積雪量の少ない場所です。カナダのほとんどの湖は凍った後に雪が積もってしまって、掘らないと凍った湖面を見ることが出来ません。ですが、ここは一年を通して凍った湖の表面を一面見ることが出来ます。また、強い風がよく吹いていることから雪が吹き飛ばされるのも、その要因の1つです。

アブラハム湖でアイスバブルを見れる時期は1月上旬〜2月下旬ごろです。それより早いとまだ湖が凍りきっていなくて氷が割れてしまう危険性があります。また、2月下旬以降はアイスバブルがあまり綺麗に見れなかったり、湖が溶け始めていることがあります。


アブラハム湖 はツアーに申し込みするのがオススメ

アブラハム湖のアイスバブルが見たい!と思った方、ツアーに申し込むのがお勧めです。と言うのも、レンタカーなどでアブラハム湖に向かうのは危険です。冬の凍結した山道を通らないとアブラハム湖には行けませんし、この山道に慣れている人でも、車は簡単にスリップしてしまいます。また、カナダのレンタカーはウィンタータイヤではないこともしばしば。。。 また、アブラハムレイクは32kmもの長さの湖です。アイスバブルはどこでも見れるわけではなく一部のポイントとなっています。初めて行く人が見つけるのはなかなか難しいでしょう。

▶︎アブラハムレイク・アイスバブル鑑賞ツアー【Banff Tour Service】


アブラハム湖 に実際に行ってみた!

その様子をぜひご覧ください