恐竜好き必見!ダイナソー州立公園 Dinasaur Provincial Park 

カナダ・アルバータ州にはバンフやジャスパーなど有名な国立公園がありますが
他にも絶景を眺めることのできる国立公園・州立公園がたくさんあります。

今回はその中の1つ、カルガリーから車で2時間ほどのところにある
ダイナソー州立公園(Dinasaur Provincial Park)をご紹介します。


ダイナソー州立公園とは?

ユネスコ世界遺産のダイナソー州立公園。カルガリーから車で2時間東に走らせたところに位置しています。レッドディア・リバー・谷に位置している州立公園で悪地(Badland)が目を引く州立公園です。また、恐竜の化石がたくさん発掘される場所でもあります。ここでは58体もの恐竜の骨が発掘され、500を超える標本が世界中の博物館などに展示されています。そんなことから1979年に世界遺産に登録された場所です。


アクセス

公共バス等は一切ありませんので、レンタカーかツアー会社に申し込むしかありません。
車で行く場合はカルガリーから東に220Km 2時間15分走ります。
ダイナソー州立公園の周りには街はありませんので、往路にある街で食材を買ったり、ガソリンを入れておくといいでしょう。


ビジターセンター&ロイヤルティレル博物館

ビジターセンターは4月〜10月まで開いていて、ここではお土産屋さん、インフォメーション、化石の展示があり、ツアーの申込などもここで出来ます。
展示のエリアに入るには入館料がかかります。

  • こども (6 歳以下) – 無料
  • こども (7歳〜17歳) – $2
  • 大人 (18歳〜64歳) – $5
  • シニア (65歳以上) – $4
  • 家族 (大人 2人+ こども3人) – $14.00 

また、ほぼ毎日をガイド付きツアーを開催していて、このツアーに申し込むと一般は立ち入りができない場所も案内してくれるみたいです。ツアーはいくつか種類がありますので、事前に確認し申し込んでおくことをお勧めします。


キャンプ場(7月中旬〜10月下旬)

キャンプ場は予約制でテントサイトは$12/日で泊まる事ができました。他にもコンフォート・キャンピング(Confort Camping)という名のいわゆるグンランピングスタイルの小屋も予約できます。

テントサイトは場所によっては木があまり生えていなくて日差しがとても強いので、熱中症対策を考えといた方がいいかもしれません。。。
また、設備としてはファイヤーピッド、水洗トイレ、飲み水、ランドリー、シャワー、電話、売店、カフェなどが完備されていますので、とても快適です。
ちなみにキャンプサイトのチェックインはカフェやシャワーのある建物の横にある窓口で受け付けています。


ハイキングトレイル

ダイナソー州立公園には5つの(かなり)短いトレイルがあります。ダイナソー州立公園は木陰がほとんどなく、暑い時は気温が40°近くまで上がることがありますので、暑さ対策と飲み水を必ず持参して周るようにしましょう。

①プレーリートレイル (Prairie Trail)
 歩行距離:300メートル
 所要時間:15 分
ダイナソー州立公園の看板のすぐ横にあるトレイル(というよりビューポイント)です。ここからは※バッドランド(Badland)が遠くまで続いている景色を見ることが出来ます。

② クーリー・ビューポイント・トレイル
 歩行距離:900メートル
 所要時間:45 分
ビジターセンターのすぐ左側にトレイルヘッドがあります。坂道を登っていくと美しい景色が広がっています。いくつか歩きにくいところがありますので注意してください。 

③バッドランズ・トレイル
 歩行距離:1.3 キロメートル
 所要時間: 45 分
パブリックループロード(the public loop road)にトレイルヘッドがあります。このトレイルはあなたをバッドランドの景色に連れて行ってくれます。

④トレイル・オブ・フォッシルハンター ( Trail of the Fossil Hunters )
 歩行距離:0.9 キロメートル
 所要時間:40 分
トレイルヘッドには化石(Fossil Display #2)が展示されています。 こちらのトレイルもパブリックループロードからアクセスします。

⑤コットンウッド・フラット・トレイル (Cottonwood Flats Trail)
 歩行距離:1.4 km
 所要時間:1 時間
このトレイルは川沿いを歩く平坦なトレイルです。このトレイルでは樹齢200年のコットンウッドの木を見ることが出来ます。また、鳥のさえずりを聴きながらトレイルを楽しむことが出来ます。


バッドランド(Badland)とは?

結合度の低い堆積相や粘土相などが風雨により極度に侵食され、峡谷状の涸れ谷になった荒地のことで組織地形の1種。日本語では悪地と呼ばれます。平坦地はほとんどなく急斜面が多いため、人間を含めた動物の居住・通行は極めて困難であり、植物もほとんど生えず、岩肌がむき出しとなっていて、文字通りの不毛の地です。


紹介ビデオ


公式サイト:https://albertaparks.ca/parks/south/dinosaur-pp/

ライティングオンストーン州立公園 Writing-on-Stone Provincial Parkとは?

カナダ・アルバータ州にはバンフやジャスパーなど有名な国立公園がありますが
他にも絶景を眺めることのできる国立公園・州立公園がたくさんあります。


今回はその中の1つのアルバータ州の南部のアメリカと国境近くにある

ライティングオンストーン州立公園(Writing-on-Stone Provincial Park)をご紹介します。


ライティングオンストーン州立公園とは?

 アルバータ州の南部、平原地帯(Prairie)に位置する州立公園でミルクリバー(Milk river)という街から東に32kmほど進んだところにあります。
 ミルクリバー谷に位置するキャンプグラウンドには、たくさんの木も生えていて木陰で心地よい時間を過ごせます。
 トレイルを歩いたり、ミルクリバーで泳いだりと存分にここでの時間を楽しむことが出来るでしょう。
 また、フードゥー(Hoodoo)や岩壁には先住民が削り描いた絵を見ることができます。
 ここはブラックフット族などの先住民にとって神聖な場所でした。
 そして2019年7月6日にユネスコ世界遺産に登録された場所でもあります


アクセス

 カルガリーから車で3時間30分、距離は340kmとなっています。
 公共交通機関などは(もちろん)なく、個人で行く場合はレンタカーかツアー会社に問い合わせるしかないでしょう。


キャンプ場

 ミルクリバー近くに位置するキャンプ場は一年中開いていて、テントサイト(RVも含み)は64サイトあります。
 このキャンプ場には飲み水、コインシャワー、水洗トイレ、公衆電話、ファイヤーピッド、公園、ビーチ、売店などが完備されています。
 (※ちなみに飲み水用の水は不味くて私たちはボトルの水を購入し使用しました)

 キャンプ場にはたくさんの木があったので、真夏の暑い日でも木陰で涼みながら時間を過ごす事ができました。また、隣のキャンパーとの距離は割とありましたし、木が生えていたりと全く気にせずにプライベート感を感じる事ができました。


ハイキングトレイル

 ライティングオンストーン州立公園には3つの短いハイキングトレイルがあります。どれもラウンドにはなっていないので往復するか、誰かに車で送ってもらうとが良いでしょう。

Battle Scene Trail(バトルシーントレイル) 0.5km 片道10~15分
Hoodoo Trail(フードゥトレイル) 2.2km 片道25~35分
Visitor Center Trail(ビジターセンタートレイル) 0.34km 片道5分

Battle Scene Trail(バトルシーントレイル)

 名前の通り先住民が岩壁に戦い様子(バトルシーン)を示した④ペトログリフ(岩壁に刻み込まれた彫刻)を見ることの出来るトレイルです。

 上記がその絵図で、これは北米大陸において先住民が残したペトログリフの中でも最も凝った彫刻です。
 上記の絵図で左の陣地はテーピーと呼ばれる住居に囲まれていて、守備が列になり銃を使って守っています。ほとんどの戦士は地面に立っています。また、8頭の馬が描かれていて、何頭かはトラボイを引いています。また、印象的なのが数人が斧を持っている事です。
 これは1866年の秋にミルクリバー沿いで実際起こった戦いを表している絵図で最も多くの勝利を納めた戦いで、それをブラックフット族の長老、Bird Rattleが描いた1924年に描いたものです。

 この壁画を見に行くには二通りの行き方があります。1番近い行き方は③Davis Coulee Viewpointの駐車場からで片道10~15分ほどで行けます。
 もう1つはキャンプ場の②プレイグラウンドからフードゥトレイル(Hoodoo Trail)に沿っての行き方で片道2.5kmで30~40分かかります。


Hoodoo Trail(フードゥトレイル)

 3つのトレイルの中で1番長いトレイル(といっても往復4.4km)です。トレイルはしっかりと整備されていて、高低差もほぼありません。このトレイルには木はほとんど生えておらず日陰が全くありませんし、暑い時で40℃近く気温が上がる事がありますのでお水をしっかり持っていきましょう。
 トレイルヘッドはキャンプがラウンドにある②プレイグラウンドからです。④Police Coulee Viewpointからも行けますが移動が必要なので、プレイグラウンドからが良いでしょう。
 フードゥ(Hoodoo)はとても壊れやすいので、登ったりするとすぐにダメージを受けまのでトレイルから外れないようにしてください。

フードゥ(Hoodoo)とは?

 このトレイルを歩いていると不思議な形をした岩をたくさん目にします。これはフードゥ(Hoodoo)と言われるものです。氷河によって削られて出来たこの場所は、柔らかい箇所と硬い箇所があり、それが雨や風の侵食を受け、長い年月をかけてこの形ができました。


ガラガラヘビ(Rattlesnakes)に注意

 ライティングオンストーン州立公園はガラガラヘビの生息域です。ガラガラヘビは毒を持っていますが、噛まれたとしても致命的ではないです。また、彼らは滅多に威嚇してきませんし、実は臆病な生き物です。もしも、ハイキングトレイルなどで見つけた場合は距離をとって近づかないようにしましょう。


 ここのキャンプ場は設備がしっかりしていて、とても良かったです◎
 ハイキングも出来ますし、ビーチで遊ぶ事もできるのとても有意義な時間を過ごす事ができます。ただ、エリアはそんなに広くないので1泊で十分満足出来るキャンプ場です。
 また、予約制のツアーも開催しているようなので興味のある方は参加してみるのも良いでしょう。
 人気のあるキャンプ場なのでご予約はお早めに。

公式サイト:Writing-on-Stone Provincial Park