ついにバンフでもマスク着用の義務化!違反者には罰金

フランスやドイツなどでマスクの義務化が始まっている中、バンフでもマスクの義務化が施行されます。

 7月30日現在で、カナダ全土での新型コロナウィルス感染者総数は115,617人、新規感染者211人と依然として感染が広がっているカナダですが
 明日、7月31日よりバンフの街ではマスク着用の義務化がはじまります。

 マスク着用義務の区域はバンフアベニューの歩道エリア、カリブーストリートの歩道エリア、公共スペース(レストラン、スーパー、ホテル、カフェなど)、タクシーを含む公共交通機関とされています。

Revised Agenda Package for the 2020 May 25 Special Meeting of Council

 バンフの市長 (Mayor Karen Sorensen) はアルバータ州政府がマスク義務化に踏み切らなかったことを残念に思っていて、「マスクの義務化が新型コロナウィルスの感染を防ぐに違いない」と話しています。
 このバンフでのマスク義務化はカナダ国内では初の取り組みとなります。

 バンフの街では観光客を受け入れつつも、感染者を増やさないようにいくつかの対策を行っていました。
 その1つがバンフアベニュー(ダウンタウン)を車両通行止めにし歩行者天国にしたことです。
 こうすることにより人と人との距離を開けれるようにしたのです。

歩行者天国になっているBanff Ave

 また、バンフアベニューではマスクを無料で配布したりと、新型コロナウィルスの感染を広げない取り組みを行っております。

配られたマスク

 バンフに続いてアルバータ州 カルガリー、エドモントン、レスブリッジでもマスクの義務化が決まっております。
 なお、違反者には$150の罰金が課されます。

参考リンク:https://banff.ca/COVIDmasks (Town of Banff)

バンフツアーサービスは2001年から立ち上げたガイド会社です。経験豊かな弊社ツアーガイドがカナディアンロッキーの旅を思い出深いものになる様お手伝いします。